ボディーコーティング

ボディーの汚れには複数の原因があります

下記のようなボディの異変を放置しておくと、どれだけ磨いても完全には落ちません。早めの対処をおススメします。
一度お気軽にお問合せ下さいませ。

鉄粉

ブレーキダスト・鉄道の路線(3~4キロ)工事現場等で発生します。
路線脇の柱が黒くなるのもこの鉄粉。線路脇駐車場は避けたほうがよい。放置しておくと塗装面にくい込み錆の原因にもなります。

酸性雨

雨や洗車の後、塗装面についたままの水滴が、塗装の内部に染み込むことがあります。
また水分が蒸発することで、酸性雨に含まれていた酸が強くなり塗装を傷めます。

イオンデポジット

水滴が乾いたように見えるシミのことです。全体的に白く見えるのが特徴。これは水道水に含まれている成分(Ca)が、水分の蒸発によって取り残されたもので、水は面積を減らさず、体積を減らして蒸発するので、王冠状の縁として残ります。
雨染みとも呼ばれています。ほとんどが水道水を使用している以上さけられませんが、水滴を残さずふき取ることで防げます。
ウォータスポットとか言われている場合がありますが原因がまったく違うものです。ウォータースポットは水滴がレンズの役目をして、クリア塗装の下のベース塗装を焼いてシミを作る現象のことをいいます。

鳥の糞

成分は複雑で、タンパク質・カルシウム・アンモニア・砂・セルロースなどを含み、腐食成分、固着成分の働きで塗装を傷めます。虫の死骸(体液)同様、放置して酸化が進むと、変色・変質を招きます。

水アカ

塗装面に塗布されたワックスや油分が熱によって溶解して汚れを吸収したものや、ドア廻りやミラーの付け根などからグリースや接着剤がしみだしボディにこびりついたものを言います。


ボディーコーティング

国産メーカー全てに対応

トヨタ、三菱、日産、ホンダ、スバル、ダイハツ、マツダ。
ガラスはもちろん、ボディーやインテリアなど全サービスで日本車に対応しております。

海外メーカーや輸入車は、お問い合わせください

海外メーカーのお車についても対応できるケースが多いので、お問い合わせください。

Link

お問い合わせはお気軽に